Profile

増田セバスチャン

アーティスト
2017年度 文化庁文化交流使、2018年度 ニューヨーク大学(NYU Arts & Science)客員研究員、京都芸術大学客員教授

1970年生まれ。
90年代より演劇、現代美術の世界で活動を始める。1995年より東京・原宿に拠点を持ち、一貫した独特な色彩感覚からアート、ファッション、エンターテインメントに渡り作品を制作。日常の中に、凝縮された非日常的な色彩を用いた作品で介入することにより、社会の中で隠され抑圧された人々の感情や、小宇宙のように広がる個々の世界観、声なき声を露わにし、世界的なムーブメントを起こしている。


<展覧会、プロジェクト>
2014
「Colorful Rebellion -Seventh Nightmare-」(ニューヨーク Kianga Ellis Projects、フロリダ Young At Art Museum、ミラノ Milano Salone、アムステルダム Troopen Museum、アントワープ MAS Museum)

2014/2015/2016/2017/2018/2019
「Time After Time Capsule」(ニューヨーク、フロリダ Young At Art Museum、ロサンゼルス Japan American National Museum、サンフランシスコ、アラスカ Anchorage Museum、シアトル EMP Museum、パリ、ロンドン、ボリビア、南アフリカ、アンゴラ共和国、サンパウロ Japan House、トロント)

2016
「TRUE COLORS」(ニューヨーク Ronin Gallery、天王洲 T-ART HALL)

2017
「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」(森アーツセンターギャラリー)
「Escape from Anonymous(e) -Improv Orchestra for the world-」(アムステルダム NDSM)
「YOUR COLORS」(ROPPONGI HILLS A/D GALLERY)
「Reborn-Art Festival 2017」(石巻、牡鹿半島)

2017/2018
「Point-Rhythm World -モネの小宇宙-」(Pola Museum Annex、ポーラ美術館)

2019
「FUR EAST FAR TOKYO」(ニューヨーク Special Special)
「FOREVER COLORS」(ROPPONGI HILLS A/D GALLERY)
「Reborn-Art Festival 2019」(石巻、牡鹿半島)


Photo: GION

Sebastian Masuda

Artist
Japan Cultural Envoy 2017 / Visiting Scholar at NYU 2017-2018 / Visiting professor for Kyoto University of the Arts

Born in 1970.
Masuda started activities in the world of theater and contemporary art in the 90s. He has been working in Harajuku since 1995 and has created works across the art, fashion, and entertainment fields with a consistent and unique sense of color. Known as a leading figure in driving KAWAII culture in Japan, he also took KAWAII culture to the world, as with Kyary Pamyu Pamyu “PONPONPON” MV art in 2011 and the “KAWAII MONSTER CAFE” production in 2015. In 2014 he held a solo exhibition, titled “Colorful Rebellion -Seventh Nightmare-,” in New York. As an Agency for Cultural Affairs’ Japan Cultural Envoy in 2017 he gave lectures and workshops, and exhibited works in the Netherlands, South Africa, Angola, Bolivia, Brazil, and the United States. In 2020 he launched the worldwide, participatory art project “TIME AFTER TIME CAPSULE.” Masuda continues to create works using all experiences in the world as his materials.