Profile

増田セバスチャン

アーティスト/アートディレクター
京都芸術大学客員教授/2017年度 文化庁文化交流使、ニューヨーク大学客員研究員

1970年生まれ。
90年代より演劇・現代美術の世界で活動をはじめる。1995年より原宿に活動拠点を持ち、一貫した独特な色彩感覚からアート、ファッション、エンターテインメントに渡り作品を制作。日本のKAWAII文化を牽引する第一人者としても知られ、2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MV美術、2015年「KAWAII MONSTER CAFE」プロデュースなど、世界にKAWAII文化が知られるきっかけを作った。2014年にニューヨークで個展「Colorful Rebellion -Seventh Nightmare-」を開催。2017年度文化庁文化交流使としてオランダ、南アフリカ、アンゴラ、ボリビア、ブラジル、アメリカ各地で講演、ワークショップ、作品制作を行う。世の中に存在するすべての事象をマテリアルとして作品を創造し続ける。

Sebastian Masuda

Artist / Art director
Visiting professor for Kyoto University of the Arts / Japan Cultural Envoy 2017 / Visiting Scholar at NYU 2017-2018

Born in 1970.
Masuda started activities in the world of theater and contemporary art in the 90s. He has been working in Harajuku since 1995 and has created works across the art, fashion, and entertainment fields with a consistent and unique sense of color. Known as a leading figure in driving KAWAII culture in Japan, he also took KAWAII culture to the world, as with Kyary Pamyu Pamyu “PONPONPON” MV art in 2011 and the “KAWAII MONSTER CAFE” production in 2015. In 2014 he held a solo exhibition, titled “Colorful Rebellion -Seventh Nightmare-,” in New York. As an Agency for Cultural Affairs’ Japan Cultural Envoy in 2017 he gave lectures and workshops, and exhibited works in the Netherlands, South Africa, Angola, Bolivia, Brazil, and the United States. In 2020 he launched the worldwide, participatory art project “TIME AFTER TIME CAPSULE.” Masuda continues to create works using all experiences in the world as his materials.